お悩み別漢方

皮膚の悩み

ほてりと漢方 原因と解決法について

  • 皮膚の悩み
「顔がポッポポッポするので、熱を測ってみたが平熱。でもこれから熱が出たらどうしよう?」コロナ禍での不安感も相伴って、この1週間「ほてり」を訴える方が多いのが現状です。また「ほてり」が主訴ではない方にもいくつか質問してみると、自覚はないも...
続きを読む

皮脂欠乏性皮膚炎

  • 皮膚の悩み
乾皮症とも呼ばれる皮脂欠乏性皮膚炎は、かゆみをともなう皮膚疾患のひとつです。以前は高齢の方というイメージがありましたが、最近では若い方や子どもにも、乾皮症の症状があらわれることがあります。多くは腰~おしり、またはひざ裏あたりから下が乾燥...
続きを読む

乾癬2

  • 皮膚の悩み
漢方の観点から乾癬を見ていきます乾癬は中国では「銀屑病(ぎんせつびょう)」と呼ばれています。古くから漢方で扱われてきた症状です。ではもう少し、詳しく見ていきましょう。 乾癬の原因以下のような外因(環境等の要因)と内因(内側の要因)が関係していると考えます。 外因:漢方では、季節・時間・居住地・環境などが関連して体に悪影響を耐えるものを「邪」と呼びます。次の六邪が挙げられます。 ・ ...
続きを読む

乾癬1

  • 皮膚の悩み
治りにくい皮膚疾患の一つに乾癬があります。 乾癬とは?乾癬は表皮の細胞増殖と角化異常を特徴とする慢性の皮膚病です。通常、皮膚は2週間~4週間で細胞が生まれ変わるように出来ています。でも乾癬の皮膚細胞は、健康な皮膚と比べて10倍以上の速度で生まれ変わり、どんどん増えていきます。過剰に生産された表皮の細胞は厚く積み上がり、鱗屑(りんせつ・銀白色のフケのようなもの )となってはがれ落ちていきます。また...
続きを読む

掌蹠膿疱症2

  • 皮膚の悩み
掌蹠膿疱症 を中医学の立場から見ていきます。 中医学では?掌蹠膿疱症を「湿熱」「熱毒」による皮膚病のひとつと考えます。中医学的に原因を探り、体質に合った療法を行えば、治らない病気ではありません。 中医学でのメカニズム《主な原因》素体不足(もともと体に備わっている力が弱い)食の不摂生七情刺激(七情:喜、怒、憂、思、悲、恐、驚)外邪侵襲(外邪は体の外から影響するもので、ウィルス、細菌などのほ...
続きを読む

ページトップへ戻る