お悩み別漢方

梅雨時の体調不良と漢方

  • その他の症状

「私って、スポンジみたいな女性なのですね。」

梅雨時になると毎年この言葉を思い出します。

今回のブログはこのスポンジみたいな女性Kさん、当時29歳とのやり取りを書いてみます。

 

Kさん:「ダイエット中です。最初の数か月は順調に減量できてましたが、このところ、暴飲暴食もしていないのに以前より体重は増えてきました。どうして~最悪~」

と言ったのでした。

相談にみえたのは梅雨時でした。梅雨時や夏の蒸し暑い時季は、湿度が非常に高いため、汗がしっかり出ません。そして余分な水分が体内に残るので、むくみ、身体が重だるかったりします。つまりKさんは、食欲は落ちていたにも関わらず水太りだと考えました。そこで

 

私:「それってむくみではないでしょうか?お顔も腫れぼったいですね。」

 

Kさん:「そういえば、いつもは二重瞼ですが、最近一重瞼でアイライナーも上手に描けません。」

 

私:「お顔以外でも身体のむくみを感じませんか?」

 

Kさん:「足はむくみます。あと指輪がきつくなりました。」

 

私:「じゃあだるいでしょ?」

 

Kさん:「だるいのは、食事量をコントロールしているから仕方ないと思っています。」

 

私:「だるさもむくみが原因だと思います。ほかに不調なことはありますか?」

 

Kさん:「頭が重くて、めまいもあります。」

 

私:「やっぱりこれもむくみが原因ですね。身体には適度な潤いは必要です。でもうまく代謝されないと、体調を崩す原因になります。1日の尿の回数は少ないでしょ?」

 

Kさん:「午前中は起床時に1回行くだけです。午前中どころか夕方まで行かない日もあります。」

 

私:「それは極端に少ないので、むくみをとる漢方薬を飲みながら、1日の尿の回数を増やしてください。」

 

ということで利水効果のある漢方薬を服用して1週間後。

 

Kさん:「顔・手足のむくみも、だるさも取れました。めまいもありません。体重も戻りました。私って台所にあるスポンジみたいに、人よりも水分を吸取してそのままでいられる女性なのですね?」

 

私:「たとえが素晴らしすぎます。スポンジは水分が多いとたしかに重くなりますよね。梅雨時だけでも漢方薬は飲んでいて下さい。」

 

その後、真夏の猛暑が続いたある日

 

Kさん:「お腹の調子が悪い。全身がだるい。この調子だと熱が出てきそう」

 

私:「昨日、アイスクリームやビールやジュースなど、冷たいものを飲み食いしていませんか?」

 

Kさん:「私下戸なのでアルコール類は一切取りません。でも、アイスクリームと今年初めて冷やし中華を食べました。」

 

私:「特にスポンジ体質の人は、冷たいもののとり過ぎや、慣れない旅先での水や食事によって胃腸の働きが弱くなるため、水分代謝が悪くなり、体調不良になります。」

 

ということで、蕾香正気散を飲んで頂きました。

中国では、冷たいものを食べ過ぎて体調不良になった時のお助け薬として、旅行時に常備するそうです。

体内に余計な水分がたまると、胃腸の働きが悪くなり、栄養吸収できず、全身の新陳代謝が低下します。

このような時は、栄養剤では効き目が少なく、だるさは改善されません。まず、体内から余計な水分を追い出すことが重要です。

 

 

 

Kさん「あれから胃腸の調子も良くなり、新しいダイエット法を見つけました。日中、サウナスーツを着てエアコンかけずに車の運転をすれば、たっぷり汗をかいて良いかと思いますが。」

私:「熱中症になるので、絶対やめて」

 

 

新海薬局
〒400-0032 山梨県甲府市中央2-5-32
【営業時間】
月・水・金9:00~20:00
火・木9:00~17:00 土9:00~15:00
※日祝休み。

ページトップへ戻る