お悩み別漢方

婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)

  • 女性の悩み

ご存知ですか?

婦宝当帰膠

「芸能人やモデルさんがのんでいる」とたまに雑誌に取り上げられることがあり、雑誌を見た人が興味を持って尋ねて来られることがあります。

妊活の雑誌にも取り上げられることが多い「婦宝当帰膠」。

 

「漢方はちょっと…」

「苦くないの?」

 

などと不安に思う方にもおすすめできるのが「婦宝当帰膠」です。

シロップになっていて丁度良い甘さ

「とても飲み易い」と評判です。

 

こんな症状に

生理不順、生理痛、冷え症、頭痛、肩こり、貧血、腰痛、腹痛、めまい、のぼせ、耳鳴り など

 

婦宝当帰膠の特徴

1.当帰(トウキ)が多く含まれている

当帰(トウキ)は女性の健康と美容になくてはならない生薬と言われています。

当帰(トウキ)の主な働きは

 

A.血を作る

体の「血を作る力」を高めてくれます。

女性は月経や出産で大量の血を失います。

貧血とまで行かなくても、「血不足」気味の女性もかなりいます。

女性のトラブルの多くはこの「血不足」が原因となっていることも!!

 

B.血流をよくする

血の流れが滞っていると、体のすみずみまで良い血がめぐりません。

血液は体のすみずみにまで栄養物や酸素を運び、また、いらなくなった老廃物を流してくれるもの。

良い血を巡らすことはとても大切です。

 

C.便通を良くする

血を作り、血流を良くすることで、腸の働きを良くします。

また、「潤す」作用もあるので、便通がよくなります。

 

2.阿膠(あきょう)が含まれている

テレビで、「50歳の美魔女が毎日アキョウを飲んで若返った」というようなことが紹介され、一時話題になった生薬。

中国の楊貴妃ものんでいたとか。

「西太后が阿膠(あきょう)をのんで習慣性流産を克服し、同治帝を産んだ」という話も知られています。

婦宝当帰膠には、この阿膠が含まれています。

阿膠(あきょう)はロバの皮の内側にあるコラーゲンです。

血を補ったり、潤いを与えたりする作用がある生薬です。

 

3.胃腸の調子を整える生薬が含まれている

貧血の人によく処方される鉄剤には、「むかつき、胃のもたれ、食欲不振、便秘」などの副作用があります。

一方婦宝当帰膠に含まれる、党参(トウジン)、茯苓(ブクリョウ)、甘草(カンゾウ)、黄耆(オウギ)は胃を丈夫にし、腸を整え、消化吸収を助けてくれます。

 

4.「気」を補う生薬が含まれている

「血を作ろう」、「血を流そう」としても、それをする力が必要です。

生薬の力で一生懸命「血」を作って流しても、消耗して「体が疲れた」状態になってしまうことがあります。

これは、「気」が不足しているから。

漢方では「気」が「血を巡らす」と考えます。

婦宝当帰膠に入っている、黄耆(オウギ)、党参(トウジン)、茯苓(ブクリョウ)、甘草(カンゾウ)には気を補う働きがあります。

 

バランスの取れた生薬の配合

主な特徴をあげましたが、婦宝当帰膠は上に挙げたもののほか、こんな生薬も含んでいます。

成長、生殖に関わる「腎」の衰えによく効く「地黄(ジオウ)」。

女性ホルモンの分泌をコントロールしてくれたり、老化予防の働きをしたりします。

 

「芍薬(シャクヤク)」は芍薬の花の根の部分。

「血」に栄養を与える働きがあり、月経困難、月経不順などに効果があるほか、鎮静、鎮痛作用も持つ生薬です。

 

「川芎」はセリ科の植物の根を乾燥させたもの。

体の上と下、表面と内側のバランスをとる薬です。

体のすみずみまで血液を巡らしてくれる、つまり、酸素や栄養分を十分に送りこみ、老廃物を取り除いてくれるのです。

その結果、ホルモンバランスが整ったり、皮膚の新陳代謝が良くなったり、冷えが改善したりするのです。

 

9種の生薬がバランスよく配合されていて、それぞれが絶妙な働きをするのです。

「生理不順だから」、「妊娠しやすい体にするため」等の理由で飲み始めた方から、「肌の張りが出てきた」「便秘が良くなった」などの声もよく聞きます

 

男性にもおすすめ

婦宝当帰膠は「婦宝」という漢字からして、女性の為の薬のように思われる方も多いですが、実は男性にも良いんですよ。

 

これからの時期、冷房が効いている部屋で過ごすことが多くなります。

暑い夏、冷房は必需品となってきましたが、実は冷房で結構体が冷えてしまっています。

この冷えが、秋の体調不良の原因となることが多いのです。

特に、男性は冷えを気にしないで冷房にあたる方が多いようです。

男性にものんでいただきたいおすすめ漢方です

ぜひご相談ください。

ページトップへ戻る