お悩み別漢方

35歳を過ぎてからの妊娠

  • 不妊の悩み

女性は35歳までに妊娠すると良いと言われています。

漢方でも同じです。

女性の体は7の倍数の年を目安に変化する(男性は8の倍数)という考え方があります。

たとえば女性ですが、14歳ごろ初潮を迎え、28歳で成熟期、35歳ごろから機能が衰え始める…。などです。

 

女性の体の生理機能が低下してしまう前に妊娠出産するのが理想的

でも、女性も仕事を持っていたり、結婚が遅くなったり等、様々な事情で、若いうちに妊娠出産が難しくなっているのも実情です。

年を重ねるにつれ、妊娠しにくくなるのも確かです

 

そこで漢方!

体質改善により、体の年齢を「若返らせる」!!

漢方で基礎体力を高め、卵子やホルモンの分泌や子宮内膜の状態を良くしていきます。

妊娠にかかわる機能を高めることで、35歳を過ぎても妊娠の可能性を高めていけるのです。

中国では古来より、「不老長寿」「若返り」を追求し、今でも様々な良い処方が受け継がれています。

妊娠しやすい体作りによく使われる漢方として、参茸補血丸、海馬補腎丸、杞菊地黄丸などがあります。

 

ご相談は新海薬局へ。

体にあった漢方をお選び致します

ページトップへ戻る