漢方相談の新海薬局

子宝相談(不妊症・不育症)、アトピー性皮膚炎、美肌漢方、生活習慣病、アンチエイジングならおまかせください★

*

更年期障害

更年期障害・・・。

更年期になると女性のみならず男性も、大なり小なり何らかの不調に悩まされるようになります。

肩こり、手足のしびれ、気力がないなど自覚症状は多いにもかかわらず、検査をしても異常が出ないので、更年期障害は他の人に理解してもらえないつらい症状です。

また、他人の無理解が高じて精神病に至るケース、更に高脂血症、肥満、動脈硬化、高血圧、心臓病、糖尿病、骨粗鬆症、などを引き起こす要因にもなるので見過ごせません。

 

 

  女性の更年期  

女性の更年期は閉経をはさんだおよそ10年間。中医学の古典医学書「黄帝内経」では「女性の閉経は49歳」と定義されていますが、更年期の症状と密接な関係があるとされる卵胞ホルモン(エストロゲン)の分泌が激減するのは40歳くらいからなので、40歳~閉経後5年ほど、と思っておくと良いかと思います。

 

 

  男性の更年期  

閉経がある女性は更年期がいつ頃くるのか、おおよその指標(生理の量が少なくなる、生理周期が長くなる、など)があるのですが、男性の更年期はいつ頃でしょうか。

男性も男性ホルモン(アンドロゲン)の減少により更年期症状を迎えます。男性ホルモンの増減は個人差が大きいのが特徴です。

「黄帝内経」では、男性の更年期は64歳というところですが、70歳でも30歳と同じ能力の男性ホルモン(の中のメインのテストステロン)を保持している方もいらっしゃいます。

男性は54歳を過ぎてから無理もほどほどに過ごすと良いでしょう。

 

実は更年期障害は予防することが出来ます。

中医学でいう五臓六腑の中で、精神的な症状と最もかかわっているのが「肝」「心」です。

「肝」は造血・解毒のほかに感情を制御し、精神・情緒を安定させる働きを持ちます。更年期でイライラ、怒りっぽい、不安感、くよくよする、不眠といった精神的症状が多い方は、「肝」「心」の働きを整え、精神、感情を安定させる必要があります。

「心」は西洋医学でいう血液をポンプする役割だけでなく、神志(思考、意識など)をコントロールする働きもあります。

四十代後半になると、うつや無気力、性欲減退などの自覚症状を感じる人が多くなってきます。これらの更年期の不快改善は漢方の得意とするところです。

これからの人生を若々しく、美しく、健康に過ごすために、漢方の知恵と漢方薬を是非お役立てください!!

脱!更年期
★何でもお気軽にご相談ください★

不妊症漢方相談の新海薬局
新海薬局のお店紹介はこちら