漢方相談の新海薬局

子宝相談(不妊症・不育症)、アトピー性皮膚炎、美肌漢方、生活習慣病、アンチエイジングならおまかせください★

*

夏の漢方

日本の夏といえば、高温多湿です。
暑くて、じめじめ、むしむし、の夏です。
そんな夏を元気に過ごす漢方の知恵をご紹介します。

 

 

中医学の基礎理論五行論では、夏は火に属し、関連する臓は心、腑は小腸です。

「夏は生長の季節、天地の気が盛んに交流し陽気が旺盛なので万物が咲き栄える、人も暑さを厭うことなく、体内の陽気をほどよく発散させ、怒らずに、気持ちよく過ごすべきである」【黄帝内経~四気調神大論~より】

暑いからといって、クーラーが効いた部屋にばかりいず、外へ出て適度に汗をかき、陽気を発散させないと、心気が痛み、病気になる、ということです。

陽気をうまく発散できないと、熱は体内にこもり、体全体があつくなりますので冷たい飲食をしたくなりますが、キンキンに冷えた飲食物や生ものは胃腸を冷やすだけで体の熱を冷やしてはくれません。熱をとり、更に発汗などで失われた水分補給をしてくれるキュウリやトマト、ナス、スイカといった夏野菜を積極的に食べると良いでしょう。

 

代表的な生薬

人参(にんじん)
病後や夏バテで体力が低下している時、疲労感が強い時には人参がよくつかわれます。生薬の人参は草丈60cmのウコギ科の多年草、元気を補うほかにも、胃腸の働きを助け、津液(しんえき:体内の水分)を養い、高ぶった神経も鎮めてくれます。

【性味(性質と味)】微温・甘・微苦
【帰経】心・肺・脾
【薬効】大補元気・補脾益肺・生津・安神

麦門冬(ばくもんどう)

ユリ科の多年草、麦門冬は、熱くなった体を潤したり、乾いた呼吸器を潤してくれます。また焦燥感のある不安や不眠を和らげてくれます。

【性味(性質と味)】 微寒・甘・微苦
【帰経】心・肺・胃
【薬効】養陰潤肺・益胃生津・清心除煩

五味子(ごみし)
モクレン科の落葉低木のつる植物である五味子(ごみし)は、酸・苦・甘・辛・鹹(かん)、五つの味をもつ生薬です。発汗など過剰な水分の排出をおさえてくれます。

【性味(性質と味)】温・酸・甘
【帰経】肺・心・腎
【薬効】斂肺滋腎・生津斂汗・渋精止瀉・寧心安神

 

夏は胃腸に冷たくしないで!

夏バテの原因は、冷たいものを多飲多食することで胃腸を冷やしてしまうことがあげられます。

胃腸は気を発生させる臓なので、胃腸を冷やし胃腸の機能を低下させてしまうと、気を作ることができなくなり、元気がなくなっていきます。

また、発汗によっても気は失われていきますので、元気はどんどんなくなり気陰両虚の状態となり、息切れ、のどの渇き、手足のほてりといった症状も表れてきます。

  冷たいもの、生ものの飲食を控える
  早朝や夕方など涼しい時間帯に散歩し、適度に汗をかく
  クーラーをつけっぱなしにせず、部屋中の換気をこまめにする
  寝すぎない

新海薬局上記のような養生を心がけ、夏の漢方を是非お役立ていただき、夏バテ知らず!!になってくださいね(^^)

  熱を冷まし水分を補ってくれる食べ物
スイカ、瓜、ゴーヤー、ハト麦、セリ、レタスなど。

  気を補う食べ物
うなぎ、海老、イカ、鯉、ユリ根、紫蘇、なつめ、ハスの実、菊花など。

  血の流れをサラサラにする食べ物
マイワシ・アジ・玉ねぎ・ししとう・らっきょう・ほうれん草・トマト・紫蘇など。

 

 

★あなたの体質に合った漢方薬をご提案します★
新海薬局にお気軽にご相談ください

不妊症漢方相談の新海薬局

新海薬局のお店紹介はこちら