漢方相談の新海薬局

子宝相談(不妊症・不育症)、アトピー性皮膚炎、美肌漢方、生活習慣病、アンチエイジングならおまかせください★

*

風邪インフルエンザ

日本ではインフルエンザは毎年12月~3月に流行しています。
年によって多少違いますが、ピークは1月~2月あたりです。

乾燥して温度も低い冬場は、乾燥が大好きな空気中のウイルスが長生きできる環境である、という事と、秋冬は私たちの鼻やのどの粘膜が弱りやすいという事、 また、師走から年明けに向けて人々が行き交い、人を媒体にしてウイルスが全国的に広がりやすい、という事、これら複数の条件が整っている為とみられています。

今年は例年よりも早く、すでにインフルエンザ流行の兆しをみせています。インフルエンザワクチンの接種を急いでいる方も多いのではないでしょうか。

新海薬局でインフルエンザ予防!うがいてあらいマスク板藍茶学級閉鎖のほとんどない中国

日本ではインフルエンザや風邪で生徒の欠席数が急増すると、感染拡大防止の為、学級閉鎖を行います。

中国の学校では、インフルエンザや風邪が流行すると、板藍根(ばんらんこん、アブラナ科の植物ホソバタイセイ)の煎じ液を生徒ののどにスプレーして、病気が広がるのを防いでいると聞きます。

家庭でも、板藍根がたいてい常備されており、飴やお菓子にして食べたり、お茶にして飲んだり、とてもポピュラーな存在だそうです。

家族みんなで板藍茶ばんらんちゃ新海薬局そんな習慣のおかげか、中国では学級閉鎖というものがほとんどないそうです。

板藍根は、中医学では

【清熱解毒(せいねつげどく)】
【涼血利喉(りょうけつりいん)】

の生薬とされています。

子どもにも優しい
とても優秀なハーブです。

 

板藍茶と板藍のど飴★新海薬局

さらさらと飲みやすい板藍茶(ばんらんちゃ)[健康食品]!ポケットやバッグにも常備しやすい板藍のど飴(ばんらんのどあめ)[健康食品]もあります。
★風邪の季節のお約束★
うがい&手洗い&マスク&板藍茶(ばんらんちゃ)!

 

 

そうだ!免疫力を高めよう!

インフルエンザウイルスなどをはじめとするウイルス感染の多くは飛沫感染や接触感染が知られていますが、誰とも会わない、誰とも接しない、誰かが触ったものには触れない生活というのはなかなか難しいです。

感染しやすい人もいれば、感染しにくい人もいます。
その差はやはり免疫力免疫バランス、がポイントになってきます。

免疫力を中医学で考えると「外邪・内邪を寄せつけない防御力」、これを衛気(えき)といいます。

現代人は、精神ストレス、怒り、運動不足、不規則な食事、お酒、たばこ、生活環境など、さまざまな要因から衛気不足つまり免疫力が低下しているといえると思います。

当店には、衛気不足にオススメな漢方薬があります。不足している衛気を補うことにより、病気に弱い体質を改善していきます。

そのひとの体調や体質、環境などにあわせ、複数の漢方薬を併用したり、生活習慣を見直したりする場合があります。

お一人お一人にぴったりの漢方薬やオリエンタルハーブをお選びいたします。どうぞお気軽にご来店にいらしてください。

 

新海薬局気象病  イスクラ衛益顆粒(えいえきかりゅう)

イスクラ衛益顆粒えいえきかりゅう★新海薬局

イスクラ衛益顆粒(えいえきかりゅう)[第2類医薬品]は、黄耆(おうぎ):白朮(びゃくじゅつ):防風(ぼうふう)が、3:1:1の黄金比率で構成されていて、すっと飲みやすい顆粒タイプの漢方薬です。

 

 

★あなたの体質に合った漢方薬をご提案します★
新海薬局にお気軽にご相談ください

不妊症漢方相談の新海薬局

新海薬局のお店紹介はこちら