お悩み別漢方

体質改善で「花粉症」対策

  • アレルギーの悩み

日本気象協会の2017年春の花粉飛散予測では「2月上旬に九州北部や中国・四国・東海地方の一部から花粉シーズンがはじまり、3月には各地で飛散ピークを迎える見込み」とのこと。

また、「九州・四国・近畿・東海地方では高温・多照などの花芽が多く形成される気象条件がそろったため、多くの地域で花粉の飛散数は例年を上回り、前シーズンよりも非常に多い予想です。

北陸・中国地方では前シーズンより多く、例年並みの飛散数でしょう。」とのこと。

関東から東北、北海道では例年より少なめだそうです。

ここ山梨は例年より多いそうです…

 

すでに2月の中旬。ちほら花粉症の症状が出ている人を見かけます。

どれだけ花粉が飛んでいても全然症状が出ない人がいたり、症状が軽い人、重い人がいたりするのはどうして?

花粉に対する抵抗力が違うからです。

漢方では、花粉症の症状が強く現れる人は「衛気不足」の体質になっていると考えます。

「衛気」というのは「バリア」のようなもの。

「免疫力」と考えればわかりやすいでしょうか。

そのため、「衛気」が充実していれば花粉の影響を受けにくく、花粉症を起こしても症状を軽く抑えることができます。

 

反対に「衛気」が不足していると、体が花粉の影響を受けやすい状態に。

「一度花粉症になるともう治らない」と思っている方が殆どですが、漢方で体質改善し、花粉に負けない強い体を作っていくことは可能です。

実際、「しばらく漢方薬を飲んでいたら、まったく花粉症の症状が出なくなった」という方もいるんですよ。

漢方薬はそれぞれの方にあったものを選んでいきます。

まずはご相談ください

 

簡単にできる花粉対策

・バランスのとれた食生活をこころがける
・新鮮な野菜を毎日たっぷりとる
・冷たいものを摂りすぎない
・アルコール、糖分、塩分、油などは控える
・睡眠をしっかりとる
・朝の太陽を浴び、深呼吸する
・外出時はマスクやメガネ、帽子などを着用する
・帰宅時は家に入る前に衣服に付いた花粉を払い落とす
・帰宅したら、うがい、手洗いを忘れずに。(シャワーも効果的)
・洗濯物は室内に干す

など

できることからやってみましょう

ページトップへ戻る